スチレンボードを使った手作り看板の魅力

発泡スチロールを板状に成形したスチレンボードは緩衝材としての用途が一般的ですが、軽量で扱いやすく裁断が容易なことから生活用品としても広く用いられています。中でもスチレンボードの柔らかさや加工のし易さを活かした看板工作は誰でも手軽に出来る個性の演出方法として人気があります。スチレンボードは安価なので費用を抑えることが出来る他、傷んでもすぐに新品と交換出来るのが大きなメリットです。また、シンナーなどの有機溶剤で溶解する性質を利用した奇抜なデザインに仕上げることが可能です。着色の際はスチレンボードを溶解しない水溶性の塗料を使うのが普通ですが、あえて有機溶剤が含まれている塗料を使うことで他には無い独自な質感にすることが出来ます。一般的な看板と比べてもそん色の無い品質に仕上げられるのがスチレンボードで看板を手作りするメリットです。

個性的なデザインに仕上げる工夫と扱う際の注意点

スチレンボードを使った手作り看板は既存の看板には無い独自のデザインに仕上がるのが利点です。ハサミやカッターナイフなど市販の道具を使うだけで作ることが出来るので、安価な広告媒体として小売店や飲食店でも多用される傾向があります。デザインで個性を演出するためには自分が表現したいことを正確に再現出来る技術力を持つことが大切です。そのため、十分に練習を重ねて工作技術を向上させることを心がけます。

出来上がった手作り看板を長く使うためには丁寧に扱う必要がある他、スチレンボードの劣化に繋がる日焼けや汚れの付着を避けることが重要なポイントです。

軽くて厚みのあるスチレンボードは、ポスターやチラシをパネル加工したい時などに便利な素材です。手軽にカットもできるので、POP製作にも活用することができます。