LED照明が長寿命である理由

LED照明とは、発光ダイオードを使用した照明器具のことをいいます。発光ダイオードはダイオードの一種で、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子です。発光ダイオードを使用した照明は、消費電力が低いため寿命が長く、発光素子そのものよりも熱による劣化の方が寿命の要因になっています。

LED照明を使用する際の注意点

白熱電球や蛍光灯に比べて数倍以上の設計寿命で、電球の交換などの手間がかからなく、部品交換のコストを削減できます。しかし、LEDそのものは長寿命ですが、LEDを駆動するための電子回路が故障する可能性はあるので注意が必要です。

また、従来の白熱照明よりも少ない電力でも同じ明るさになるので、熱となって失われる電力も少なくて済みます。ただ、全く発熱しないわけではないので、素手で触る時には火傷に気をつけなければいけません。

熱に弱い性質もあり、発熱によって素子自体や周囲の封止パッケージが劣化していき、LED素子が損傷を受け、発光不良を起こす危険性があります。

LED電球の広範囲な使い方

LEDは照明だけに限らず電球も数多く出回っています。LED電球を選ぶ時には、口金部分や明るさ、光の色を確認するのがポイントです。色には、爽やかですっきりとした青色や太陽光のような自然な白色、温かみのある電球色などがあります。光の広がり方もさまざまで、真下を照らす直下型や部屋全体を広範囲に照らす電球と、用途に分けて選ぶことができ便利です。キッチンや浴室、トイレなどに良いでしょう。

LEDライトパネルは、消費電力が少ない点やバックライトが長寿命という点など、様々な魅力が存在し、長時間使用する場合でも維持費を抑えられます。