ワンクリックで線を引く!

CADの操作は難しいというイメージを持っている人も多いですよね?

確かに、一から描くのは大変ですが、CAD製図で頻繁に使用する操作はあまり多くありません。

特によく使う操作のひとつが線を引くことです。線を引く操作はとても簡単で、「線」のアイコンをクリックした後に、ここに引きたいという場所をクリックするだけで、長い一本線が引けます。また、点を指示したり座標を入力することで、接線や多角形を簡単に描くこともできます。

好みのサイズで好きな場所に文字を書く!

他にもよく使用するCADの操作が、文字を書くことです。CADの文字入力は線を引く場合と同様で、「文字」のアイコンをクリックした後に、文字を書きたい場所をクリックするだけで、その場所に文字を書くことが出来ます。文字のサイズや書体も選べます。

また、寸法線や引き出し線の文字のサイズや書体も選べるほか、寸法線や引き出し線の文字を見やすい場所に移動させることもできます。

描かれている線や文字を修正する!

CADの操作で一番よく行う作業は修正ではないでしょうか?中でもよく行うのが、移動やコピー、そして文字の修正です。

文字の修正はとても簡単で、「文字」のアイコンをクリックした後に修正したい文字にカーソルを合わせてクリックすると、すぐに修正モードに入ります。修正するときに文字サイズやフォントを変えることもできます。

移動やコピーにはいくつかの方法がありますが、簡単なのは「コピー」や「移動」のアイコンを使用する方法です。単体の線や文字はもちろん、指定した部品や選択した範囲を、好きな場所に簡単に移動できます。また、移動したい距離を指定することも可能です。

電気CADとは、パソコンなどを使って電気工事の配線図などを設計することです。作図ミスが少なくなり、大幅に時間を短縮することができます。