膣のゆるみが家庭不和に?性交時の問題点は速やかに解決しよう!

膣のゆるみが生じる原因と弊害

膣のゆるみは性交の際に男性器への圧迫感を伴う刺激が少ない状態を指す俗称です。性交は女性の膣口が男性の性器を圧迫することで刺激をもたらします。圧迫が適度に強い状態が俗に締まりが良いと呼ばれますが、多くの場合、加齢に伴って圧迫感が減少してゆるみに似た状態になります。

膣のゆるみは圧迫感の低下で感じられる錯覚の一種なので、実際に膣が拡大することはありませ。しかし、出産を経験することで膣の内側にある粘膜のひだが削られ、男性器に触れる部分が減少することで膣のゆるみに至るケースもあります。膣のゆるみは健康面での問題は無く、病気の発生源にもなりません。しかし、性交の際に圧迫感が生じないことから相手の男性に性的な快感が生じにくくなり、セックスレスや家庭内不和に発展する可能背があるので注意する必要があります。

膣のゆるみを解消するための処置について

膣のゆるみは加齢や出産の経験に伴って生じるので、女性であれば誰にでも発生する可能性があります。ゆるみは病気では無いので放置しても健康面での不具合はありませんが、性交の際に男性が気持ち良くない状態に陥る可能性があります。そのため、美容外科などの医療施設では膣のゆるみを改善させる治療を行っています。膣のゆるみに対する治療は粘膜のヒダを再生治療や膣口を縫い合わせて意図的に狭くする処置が一般的です。患者の体質や体の大きさによって最適な方法が異なるので事前の検査が不可欠です。また、膣のゆるみを解消する治療は医療行為ではないので保険が適用されず、費用の全額を患者が負担することになります。

膣のゆるみの解消はセックスレスから派生する家庭内不和を防ぐメリットがあるので慎重に判断することが大切です。

膣圧とは女性の膣内における圧力です。強い方が性交時に気持ちがいいようです。トレーニングによって鍛えることもできます。