宣伝ポスターは見た目が大切?フレームを活用して注目されよう!

ポスターが傷む原因とフレームによる補強の必要性

広告媒体の一種であるポスターは用途の性質上、人の目に付きやすい場所に貼り付けられます。明るく目立ちやすい場所がポスターの使用に適していますが、その一方で外気の影響を受けやすいことから色落ちやシワ、破れなどの損傷が生じやすい問題もあります。特に屋外に貼り出されているポスターは日光や風雨の影響で傷みやすいことから、パネルに貼ったうえで掲示するのが長持ちさせる工夫です。しかし、パネルの材質や厚さによっては反りや割れなどの重大な損傷に見舞われることから、外枠を固定するポスターフレームで補強するのが効果的な予防法になります。また、フレームはパネルの固定以外にガラスや樹脂などの透明な板をはめ込む目的でも使用されます。ポスターを外気から遮断して劣化を防ぐためにはフレームの使用が不可欠です。

ポスターフレームを使った宣伝効果の上げ方

ポスターフレームはポスターを貼ったパネルの補強材として使うだけではなく、ポスターをより目立たせる引き立て役としての側面もあります。ポスターに使われている配色よりも地味な色合いに加工したフレームを使うことで、相対的にポスターを引き立たせることが可能です。また、フレームの材質によっては電飾が設置出来るので、一日を通して常に目立った状態になります。

ポスターフレームに専用の留め具を取り付けることで宙吊りやモーターの作動による回転など、壁に貼るだけのポスターでは不可能な演出を伴った宣伝が出来ます。フレームの耐久性や材質、デザインを考慮して最適な方法で扱うのがポスターの宣伝効果を向上させるポイントです。

ポスターフレームは、装飾目的以外に、案内表示や宣伝など、幅広い用途において活用可能です。また、防水タイプも存在するため、屋外でも気軽に利用できます。