英会話スクールに通ってビジネス英語を学ぼう

生の英語に触れて習得しましょう

英会話スクールに通うことが最も英語力向上につながります。ビジネス英語を本で勉強する場合は、生の英語に直接触れることはありません。やはり言葉は生き物なので、実際にネイティブスピーカーと一緒に会話することで本で勉強するよりも効果が高いです。この理由としては、ボディランゲージや表情からニュアンスなども把握しやすいということが挙げられます。英語の音声が吹き込まれたCDで学習することも効果はありますが、耳だけで学習するので、英会話のように視覚を通した学習ができません。英会話スクールで講師の話す英語を身体全身で学習することで言語能力が飛躍します。ちなみに、英会話スクールで選ぶときに重要なことは日本語ができる講師が在籍していることです。日本語との違いもきちんとわかっているので、わかりやすい説明が期待できます。

英会話だからこそ学べるニュアンス

英会話スクールでしか学べないことも多くあります。たとえば、英語でgreatという言葉は日本では「偉大な」という意味で受け取られていますが、実際には規模や数や程度が大きいことを意味するものです。英会話においてgreatは頻繁に用いられます。100 is greater than 99.(100は99よりも大きい)、It was a great disappointment.(それにはとてもがっかりした)などのように用います。決して「偉大」というわけではありません。このgreatの実際の意味と日本で受け取られている意味がこれだけ異なります。英会話スクールに通って驚くことの1つです。ビジネスで用いられている英語は生の英語なので、ぜひ英会話スクールに通って習得しましょう。

英語の基礎を学んだだけでは身に付かないビジネス英語。海外進出や外国人の観光客対応をするなら、ぜひ学んでおいた方が良いでしょう。