自信回復!包茎を治療してゆとりあるセックスライフを手に入れよう

知らないと怖い!包茎の種類とリスク

包茎で一番多いと言われているのは仮性包茎です。普段はペニスの先端が包皮で被さっていますが、手で包皮を剥くと亀頭が露出する状態を指します。包皮が被さっていますので、排尿した際の垢が溜まりやすくセックスによる性感染の原因になります。続いて真性包茎ですが、こちらは包皮が亀頭に強く貼りつき、手で包皮を剥くことはできません。包皮を剥こうとすると、激しい痛みと共に亀頭が裂傷する可能性がありますので、病院で適切な治療を行う必要があります。そしてカントン包茎です。こちらは包皮を剥くことは出来ますが、包皮口の出口が狭いなどの理由でカリ首を絞めつける状態を指します。また、カントン包茎は自然に元の状態には戻りません。カントン状態ではペニスに痛みが発生し、セックスの際に挿入を繰り返すと包皮への負担から、裂傷する可能性があります。そのため、早急な治療が必要となります。

自分にあった包茎の治療法を探そう

包茎の治療法にも様々な手法がありますが、まずは自分の包茎の状態を包茎治療専門のクリニックで診察してもらうことが大切です。包茎治療専門のクリニックでは診察とは別に無料カウンセリングをしてくれる所もありますので、そちらを利用して相談されると良いでしょう。包茎の種類や症状によって、クリニックのドクターから適切な治療法の説明がありますので、内容を理解した上で治療を行いましょう。尚、一般的に真性包茎やカントン包茎の場合は一部保険適用されますが、仮性包茎の場合は自費負担になります。術式によっても費用が変わりますので、クリニックへ相談する際は術式やメリット、デメリットを確認しましょう。

包茎とは、陰茎(ペニス)の先端の包皮口が狭いために包皮をむいて亀頭を完全に露出できていない状態のことをいいます。